遊女の教養

480

吉原は高価な遊び場所

花魁体験

当時、吉原を訪れる客のほとんどは大身の武士や豪商、文化人などでした。そういった身分の客を相手にするには、遊女にとって単に美貌だけでは無く、どんな相手にも恥ずかしくない教養も欠かせませんでした。

なかでも、高級遊女の事を太夫といいました。太夫とは特に歌舞に優れた者のことで、高級遊女ともなれば身のこなしから品があり、さまざまな場面で機知が富んだといいます。

現代にも言える事だと思いますが、どんな人を相手にしても中身のある会話が出来て、尚且つ楽しませることの出来る人はモテますよね。

遊女の手習い

花魁体験

遊女屋は遊女の商品価値を高める為にさまざまな教育を施しました。女性の識字率が低かったこの時代に、吉原の遊女たちはほぼ全員が読み書きが出来たといいます。特に妓楼は遊女の手習い(習字や、文字を書く事)に力を入れました。なぜなら手紙が重要な営業手段だったからです。客に、自分の元へまたすぐに通ってもらう為、そうした手紙や手練手管【てれんてくだ】にはとても力を入れていたといいます。

心を掴む手紙の内容や綺麗な字だとよりその人の品も感じられますね。

遊女たちの身に付けていた幅広い知識

花魁体験

  • 書道
  • 生け花
  • 茶道
  • 和歌・俳句
  • 琴・三味線
  • 囲碁・将棋

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。