花魁の帯について

1438

花魁姿をイメージした時、頭に思い浮かべるのは日本髪に結った頭に鼈甲(べっこう)の簪、煌びやかな着物姿に高下駄を履き、身体の前には一際存在感を放つ俎板帯(まないたおび)を結んだ立ち姿ではないでしょうか。

この装いは遊女の中でもトップクラスの花魁による【花魁道中】の時の装いとされていましたが、なぜ花魁の帯結びは前帯だったのでしょうか。

豪華な帯を目立たせる為

花魁の帯

花魁道中の際に結ぶ俎板帯ですが、花魁の正装の時に用いられる結び方であったとされています。

花魁道中では花魁がいかに美しく、気高い存在であるかをアピールする場であり、自分自身と豪華な帯を目立たせる為に前帯に結んだ方が見た目が映えることから前に結んだといいます。 実際、花魁道中での花魁の美しさは一瞬にしてそれを見た人々を虜にするだけの力がありました。

上流階級の女性への憧れ

花魁の帯

当時着物を着る時の帯は元々、紐のような幅の細いもので、前結びで簡単に結ぶのが一般的でした。 その後、時代と共に帯の幅が太く広がるにつれて帯のデザインにも変化が現れ、実用性も失われていきます。帯が前にあると自由に手を動かす事が出来ず、日常生活に支障をきたすことから帯の位置も後ろ帯に変化していきました。 ですが、公家や武家など上流階級の女性達には何かと世話をしてくれるお付きの人がいたので、自分自身の身の回りの事をする必要が無く、帯の前結びの形は身分の高い人達を象徴したスタイルとなっていきます。

花魁の帯結びが前結びなのは、上流階級の女性達にならって位の高さを象徴する為であったとも言われています。

一夜妻であるという考え方

江戸時代に入ると、未婚の女性の帯は後ろ帯、前帯は既婚女性の象徴となりました。 未婚の女性は自分の意思で勝手に帯を解いてはいけないといった意味合いもあったそうです。 既婚女性の象徴でもあった前結びをすることで【一夜妻(一夜限りの妻)】を演出したとも言われています。

京都 島原の太夫も帯を大きく前に結んでいたそうですが、その結び方は『心』という字を表しており【心はしっかり結んで簡単には乱れない】という意味が込められているんだそうです。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。