京都で花魁体験を10倍楽しむ為に

花魁を題材にした作品

花魁体験をする前に、花魁のイメージをふくらませて頂ける様、花魁を題材にした映画や漫画、小説などの作品をまとめました。こういった作品から、ご自身の変身したい花魁の姿をイメージされる方もいらっしゃいます。

花魁を題材にした映画

さくらん

  

さくらん

  

男と女、女と女がだまし合う色の街ーー江戸・吉原。その中の「玉菊屋」に売られてきた、ふてぶてしくて意地っ張りだけどちょっと健気な少女。彼女が、遊女たちの生き様や悲劇的な最期を目の当たりにしながら位の高い遊女である花魁へと成長していく…。のちに伝説の花魁となる「きよ葉」の型破りな生き方を描く、破天荒花魁ストーリー。

女性から圧倒的人気を得る漫画家、安藤モヨコの「さくらん」を人気写真家、蜷川実花が映像化した2007年公開の大ヒット映画。美しくも儚い世界を蜷川実花独自の色彩美をもって表現された作品で、土屋アンナが演じる主人公・きよ葉を中心に巡る、遊女の華やかな物語。

吉原炎上

  

吉原炎上

  

吉原を舞台にした5人の花魁の悲喜(ひき)を描いた作品で、1987年公開の東映映画。2007年には観月ありさ主演でテレビドラマ化もされ、高視聴率を記録した。“生まれては苦界、死しては投げ込み寺”の世界を生き抜いた女郎の波乱万丈な世界を名取裕子演じる紫太夫を中心に繰り広げられる。

花宵道中

  

花宵道中

  

第5回(2006年)R-18文学賞受賞作である著、宮木あや子原作・小説“花宵道中”を実写化した映画。江戸末期、吉原の小見世《山田屋》を舞台に、花魁として生きてきた女が一人の青年との許されぬ恋に身を焦がす姿を描く。花魁姿でたんかを切る安達佑実演じる主人公のきっぷのいい姿に加え、豪華絢爛な衣装にも目を奪われる作品。

写楽

  

写楽

  

寛政6年から7年にかけて浮世絵界に突如として現れ、およそ140種の役者絵と相撲絵を残して消えた謎の浮世絵師・写楽の、霧に包まれた正体に迫る歴史ドラマ。「写楽研究家」としても知られている俳優・フランキー堺が、企画総指揮に当たっている。松竹創業100年記念協賛作品。1995年度キネマ旬報ベストテン第5位。

桜姫

  

桜姫

  

四世鶴屋南北による歌舞伎『桜姫東文章』を現代風にアレンジした時代劇ラブストーリー。日南響子演じる主人公、名家の美少女・桜姫が、想いを寄せる男のために遊女に堕としてゆく純粋で可憐で切ない物語。

※主演の日南響子様は、実際にプライベートで心-花雫-にご来店され、花魁体験をお楽しみ頂きました。ブログ記事はこちらから。

やじきた道中 てれすこ

  

やじきた道中 てれすこ

これまで数多くの映画や芝居のモチーフにされてきた「弥次さん喜多さん」コンビと、足抜けした花魁が珍道中を繰り広げる時代劇コメディ。

監督は『しゃべれども しゃべれども』の平山秀幸が務め、さまざまな落語ネタを散りばめて庶民の笑いと人情を描き出す。弥次さんには世界的な歌舞伎俳優の中村勘三郎、相方の喜多さんには名優柄本明、ヒロインお喜乃を小泉今日子が演じる。

花魁を題材にした漫画

JIN~仁~

  

JIN~仁~

  

「現代の医師が、もし幕末にタイムスリップしたらどうなるか?」を描いた、SF要素の強い医療漫画。西暦2000年の現代から幕末の日本にタイムスリップした脳外科医・南方仁が、過去の人間の運命を変えていることを自覚しつつも、人々を救う為、現代から持ち込んだ知識と幕末の人々の協力により、近代医療を実現していく。その過程で南方仁は、日本の歴史自体にも、大きな関わりを持つようになっていく。

作者の村上もとかが、遊郭について調べたことが、この作品を描くきっかけになっている。遊郭の遊女は、口減らしとして売られた貧困家庭出身の娘や女衒によって売られた身寄りの無い娘が多く、その娘が仕事柄梅毒に冒され、さらには有効な治療法も無かったため、次々と命を落としていった。この事実を知った村上は憤りを感じ、せめて漫画の中だけでも彼女たちを救えないかと考えたという。2011年5月に第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した大ヒット作品。

さくらん

  

さくらん

  

惚れるも地獄、惚れられるも地獄。色がなければ、生きてもゆけぬ……。男の極楽、女の地獄、ここは遊廓、江戸吉原。――玉菊屋・きよ葉は、器量はいいが鼻っ柱が強く、自由奔放で気位の高い遊女。

花魁(おいらん)になる宿命を背負ったきよ葉だったが、遊客の一人である惣次郎に惚れてしまい……。江戸の吉原を舞台に、大人気漫画家・安野モヨコが描く極上の男女の駆け引き、そして艶やかな狂乱の世界。

蝶のみちゆき

  

蝶のみちゆき

  

「ごめんね 寂しか思いさせて……大丈夫 そうそう長くは待たせんけん……」
遠く響く三味線に異国の言葉が混じり合う長崎丸山――

絶世の花魁と重い病を抱えた一人の男の過去が、やがて密やかな〝愛と死〟の物語を紡ぎ始める。“世界"がいち早く評価した孤高の俊才・高浜寛が、長崎丸山に生きる遊女の「切なすぎる純愛」を洗練を極めた筆致で描く。

百人遊女

  

百人遊女

  

江戸時代-数多の遊女が駆け引きを客との間で繰り返す場所、吉原遊郭。泪する者、笑う者、想いを遂げずに死する者。百人いれば百通り、叶わぬ夢がそこにはあったーー

坂辺周一が贈る泡沫の情愛物語。

明治姉妹と大正遊女

  

明治姉妹と大正遊女

  

木綿のような、強く匂う華のような、夢二の美人画のような、炎のような、堕ちてもくさらない女たちの人生。雪月花──明治時代、裕福な家庭に育った質素で学問好きな姉・光子と、派手で男に愛される妹・喜久子。正反対の姉妹は、お互いの出生の秘密を知り…。

「紅」こと、りん。人生を儚むりんに、ある御仁が言葉を授けた。「仕事を蔑んでも自分を蔑んじゃいけない」心から勤めることに徹したりんは、強く美しい花魁へと成長してゆく。女の天国と地獄物語を描いた切なくも淡い物語。

青楼オペラ

  

青楼オペラ

  

江戸時代、遊郭吉原――惣右助の身を案じ、別れを告げた茜。しかし惣右助は茜の仇討ちのために黒幕・中村の御用達になり、協力者を集め、ついに茜の元へと戻り、やがて互いの想いを深めていく2人は、少しずつ事件の真相へと近づいていく。

累計100万部を越えた大ヒット作。

江戸モアゼル

  

江戸モアゼル

  

花のお江戸は吉原から、平成の世にタイムスリップした名うての女郎・お仙。コンビニでバイトしながらも、遊里で磨いた花魁テクと江戸の水が育んだ気風の良さで、平成日本男児たちを骨抜きに!?

奇想天外抱腹絶倒ジャパネスク・ギャグ。

おいらん姐さん

  

おいらん姐さん

  

遊女の世話や雑用をしながら、遊女という生き方を学んでいく「禿(かむろ)」と呼ばれる少女たち。彼女たちが自分の姐さん方を「オイラん姐さん」と呼んだことから「花魁」という言葉が生まれた――

江戸時代、吉原に栄えた遊郭・「新嬉楼」で、「地獄太夫」の異名を取り、大人気の橋立花魁。彼女の座を脅かす唯一の存在、「仏御前」と呼ばれる護法太夫。それぞれの付き人、なみじ、しのまで巻き込んでのライバル対決の軍配は、果たしてどちらに…!?お江戸の哀歓あふれる日常を描いた、吉原遊女ロマン。町人が、武士が、いきいきと生活していた時代が甦る。

花魁を題材にした小説

輪違屋糸里(わちがいやいとさと)

文久3年(1863年)9月18日深夜、新選組筆頭局長芹沢鴨が屯所の壬生八木家で試衛館派に襲撃された。芹沢と副長助勤平山五郎は殺され、芹沢と同衾していた愛人のお梅も惨殺される。副長助勤の平間重助は逃亡。平山、平間と同衾していた芸妓の吉栄、糸里は難を逃れた。

『壬生義士伝』に続く浅田次郎の新選組物時代小説であり、京都島原の天神糸里を主人公に、平山の恋人の吉栄、芹沢の愛人のお梅、郷士の女房おまさとお勝の人の女たちの視点で、新選組初期に起こった“芹沢鴨暗殺事件”を描く。

2007年にはTBSでテレビドラマ化され、2017年冬には藤野涼子、元SKE48の松井玲奈、溝端淳平や佐藤隆太たちが出演の映画化が予定されている。

吉原手引草(よしわらてびきぐさ)

名妓と謳われた遊女・葛城。身請けも決まり、幸福の絶頂にいたはずの葛城が突然失踪する。彼女の失踪の謎を突き止めるために、一人の男が当時の関係者たちに話を聞いて回る。

松井今朝子による日本の小説。第137回直木賞受賞作。

五番町夕霧楼

1962年発表。1958年の売春防止法施行まで存在していた戦後間もない昭和25年ごろ、丹後・五番町遊廓を舞台に、家族を養うために丹後からきた少女とその幼馴染である学生僧との悲恋を描いた水上勉の作品。1956年に出た三島由紀夫の『金閣寺』へのアンサーとして書いた水上の代表作であり、1950年に起きた金閣寺放火事件と水上の実体験が題材になっている。この事件に関して各方面への取材を重ね、1979年にノンフィクション『金閣炎上』(新潮社)も出版した。

吉原十二月

大籬・舞鶴屋に売られてきた、容貌も気性もまったく違う、ふたりの少女。幼い頃から互いを意識し、妓楼を二分するほど激しく競り合いながら成長していく。多くの者が病に斃れ、あるいは自害、心中する廓。生きて出ることさえ難しいと言われる苦界で大輪の花を咲かせ、幸せを掴むのはどちらか。四季風俗を織り込んだ、絢爛たる吉原絵巻。